新規無料ユーザ登録はコチラ

携帯版4enサイトへのアクセス方法

4enでは現在スタッフを募集しています

過去のTHE BIG ISSUE記事

THE BIG ISSUE は、ホームレスの人しか売り手になることができないユニークな雑誌です。
雑誌を作り、その販売という仕事を提供することで、ホームレスの人々の自立を支援しています。

1991年にイギリス・ロンドンで始まったこの事業は、今では世界各地に広がっています。
THE BIG ISSUE は、イギリスなどではチャリティの一つとして最も有名なものの一つであり、THE BIG ISSUEの表紙を飾ることは一種のステータスにもなっています。

日本では2003年大阪から販売が始まりましたが、創刊14周年を迎える2017年までに、北は北海道から南は鹿児島まで15の都道府県の路上で販売しており、今後の展開が注目されています。

BIG ISSUE322 ビッグイシュー日本版 322号 CONTENTS
【スペシャルインタビュー】井浦 新&瑛太
『逃れられない運命に 翻弄される3人の幼なじみ 現代の息苦しさとは? 規範、人の本質、生命に迫る』

 映画は最初の10分で決まるとよく言われるが、本作は冒頭からただならぬ不穏な空気に満ちている。ある離島の暑い夏。原生林の樹木が生い茂り、道端には深紅の椿が散乱して、闇夜には白い月が不気味に海面を照らす。理性をかき乱すようなテクノミュージックの爆音とともに、豊かな自然はその美しさの中に狂気をはらみながら、逃れられない運命に翻弄される3人の幼なじみの姿を映し出す。
 原作は、日常に潜む暴力と人間の底知れぬ心の闇を描いた三浦しをんの同名小説。直木賞作家で、明るいテーマの多い同氏の作品群の中でも異彩を放つこの小説に感銘を受けた大森立嗣監督が自ら脚本を手がけ、実写映画化。監督の全幅の信頼を受けてキャスティングされた井浦さんと瑛太さんは、初共演ながら、奇しくも同じような思いで撮影に臨んだという。
 物語は、島に暮らす3人の幼なじみの関係を軸に描かれる。中学生の信之は、大人の目を盗んでは同級生の美花と性交を重ねる仲で、一方、信之を慕ってどこにでも付いて回る年少の輔は父親から日常的な虐待を受けていた。そんなある日、信之は鬱蒼とした森の中で美花が島の宿泊客に犯されているのを目撃し、激情のままに男を殺してしまう。さらに悲劇は続き、島全体を津波という圧倒的暴力が襲い、生き残った3人はすべてを失う。
 そして25年後、都会でそれぞれの人生を歩んでいた3人は、忌まわしき過去の記憶とともに、その身に潜ませていた狂気を呼び覚ましていく。井浦さん演じる信之は、妻子ある普通の家庭人として平穏に暮らしているが、美花への思いを内に秘め、冷静さと異様な熱情を併せ持つ。かたや、瑛太さん演じる輔は、誰にも愛されずに育ち、無邪気さの中に怪物性を宿しながら、大人になっても信之へと執着していく。
 実力派俳優として多くの映画・ドラマで活躍する井浦 新さんと瑛太さん。人間の奥底に潜む暴力や狂気をテーマにした映画『光』で初共演した二人が、その作品世界と暴力の先にあるもの、社会とのかかわりを語る。

【特集】マンモス絶滅と気候変動
私の分岐点 ― 岩崎 究香さん

ビッグイシュー公式サイトはこちら