新規無料ユーザ登録はコチラ

携帯版4enサイトへのアクセス方法

4enでは現在スタッフを募集しています

過去のTHE BIG ISSUE記事

THE BIG ISSUE は、ホームレスの人しか売り手になることができないユニークな雑誌です。
雑誌を作り、その販売という仕事を提供することで、ホームレスの人々の自立を支援しています。

1991年にイギリス・ロンドンで始まったこの事業は、今では世界各地に広がっています。
THE BIG ISSUE は、イギリスなどではチャリティの一つとして最も有名なものの一つであり、THE BIG ISSUEの表紙を飾ることは一種のステータスにもなっています。

日本では2003年大阪から販売が始まりましたが、創刊14周年を迎える2017年までに、北は北海道から南は鹿児島まで15の都道府県の路上で販売しており、今後の展開が注目されています。

BIG ISSUE340 ビッグイシュー日本版 340号 CONTENTS
【スペシャルインタビュー】サヘル・ローズ
『自分が今まで経験してきた人生は財産。 養護児童、難民、ホームレス、 「居場所」を失った人たちのこと 多くの人に知ってほしい』

 「最近は品川や田町のお父さんたちと『暑いね〜』『ワールドカップおもしろいね』などと立ち話をしながら、雑誌の購入を通じて、だんだん仲良くなれるのが楽しいです」
 対面するなり、そう言って取材陣を歓迎してくれたサヘルさん。“お父さんたち”とはビッグイシュー販売者のことで、街角で姿を見かけるたびに購入している。購入歴も長く、創刊間もない頃からずっと応援してきたとあって、話し始めると、販売者とのエピソードや雑誌への思いは尽きない。
   目鼻立ちのはっきりした端正な顔立ちに、きれいな日本語。相手の目を見ながらよどみなく真摯に話す姿は、華やかな外見の内に秘めた真っすぐな情熱を感じさせる。滝川クリステルのモノマネで一気にテレビ露出が増えた当初は「バラエティの人」だったが、ここ数年は表現や報道関連の仕事に軸足を転換。情報番組とコラム連載で6つのレギュラーを抱える一方、女優として活躍の場を広げている。
 今年、主演を務めた映画『冷たい床』ではニース国際映画祭の外国語映画部門で最優秀主演女優賞にノミネート。また、今年9月には国境や性別を超える愛を描いた映画『西北西』でのW主演、10月には舞台『恭しき娼婦2018』の主演も控える。
 物心がつく4歳の頃からイランの児童養護施設で育ったサヘルさん。3年間施設で生活をしていた時、現在の養母であるフローラさんと出会った。もともと養子を引き取ることに反対だったフローラさんの両親から、サヘルさんを養子にしたことで勘当され、日本にいた知人を頼って来日するも、連れ子の存在が原因で部屋を追い出されるなど、二人は明日をも知れない貧困生活を耐え忍んできた。一度は生きる希望を失いかけたこともあったが、すべてを捨てて自分のために生きてきた母を幸せにすることが、自分が生かされている理由の一つと考えるようになったという。
 数々のテレビ番組に出演するかたわら、女優として活躍するサヘル・ローズ。
 イランの児童養護施設で育ち、来日後の貧困生活をはじめ、さまざまな苦難を乗り越えてきた彼女が、自らの数奇な人生と女優業、そして社会的活動への思いを語る。

【特集】難民を知る
私の分岐点 ― 名久井 直子さん

ビッグイシュー公式サイトはこちら