新規無料ユーザ登録はコチラ

携帯版4enサイトへのアクセス方法

4enでは現在スタッフを募集しています

過去のTHE BIG ISSUE記事

THE BIG ISSUE は、ホームレスの人しか売り手になることができないユニークな雑誌です。
雑誌を作り、その販売という仕事を提供することで、ホームレスの人々の自立を支援しています。

1991年にイギリス・ロンドンで始まったこの事業は、今では世界各地に広がっています。
THE BIG ISSUE は、イギリスなどではチャリティの一つとして最も有名なものの一つであり、THE BIG ISSUEの表紙を飾ることは一種のステータスにもなっています。

日本では2003年大阪から販売が始まりましたが、創刊14周年を迎える2017年までに、北は北海道から南は鹿児島まで15の都道府県の路上で販売しており、今後の展開が注目されています。

BIG ISSUE341 ビッグイシュー日本版 341号 CONTENTS
【スペシャルインタビュー】リリー・ジェームズ
『歌い、しなやかに踊る。 今度は歌手を演じてみたい。 セクハラを公表した人たちに連帯を感じる この問題は止めなければならないから』

 日本でも人気が続く英国ドラマ『ダウントン・アビー』で知られるようになり、ディズニー映画の実写化『シンデレラ』('15)の主役として一躍脚光を浴びたリリー・ジェームズ。そんなジェームズへのインタビューはロンドンのホテル「クラリッジズ」で朝食を取りながら行われた。
 役に応じて肉体づくりを行ったり、ひとつの映画でも七変化の表情を見せる彼女は、自身を「カメレオン女優」と呼ぶ。そして次なる挑戦はミュージカル映画『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』。
   『マンマ・ミーア!』は、ギリシャのカロカイリ島(架空の島)で小さなホテルを経営する母と娘が繰り広げる愛の物語だ。前作では、娘のソフィ(アマンダ・セイフライド)が自身の結婚式を目前に、母親であるドナの若い頃の日記を見つけてしまう場面から物語が始まる。生まれてから実の父親を知らされていなかったソフィは、その恋愛日記に書かれていた3人の男性のうちの誰かが父親なのではと推測して、「会ってみればわかるはず」と結婚式に招待するが―。
 そしてこの夏に公開される続編では、前作で描かれなかった過去が明らかになるとともに、登場人物たちの「その後」が描かれる。若きドナの人生を鮮やかに演じているのがジェームズだ。3人の「パパ候補」とドナはどうやって知り合い、なぜ結ばれなかったのか?ドナが島に住み始め、ホテルを始めるようになったいきさつとは?
 前作から時が経った「その後」のシーンでは、ドナとソフィの夢だったリゾートホテルがグランドオープン間近。パーティの準備に勤しむ中でさまざまなハプニングが起こり、目が離せない展開とともに、随所でABBAの音楽・歌詞が登場人物の気持ちを代弁する。
 8月24日から全国公開される『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』で抜擢された役は、前作で大物女優メリル・ストリープが演じたドナの若き日々。近年ますます注目される英国の若手スター女優、リリー・ジェームズがABBAの音楽映画に出演する喜びと意欲を語った。

【特集】“災害モード”をもつ社会へ
私の分岐点 ― 宇野 亞喜良さん

ビッグイシュー公式サイトはこちら