新規無料ユーザ登録はコチラ

携帯版4enサイトへのアクセス方法

4enでは現在スタッフを募集しています

過去のTHE BIG ISSUE記事一覧

THE BIG ISSUE は、ホームレスの人しか売り手になることができないユニークな雑誌です。
雑誌を作り、その販売という仕事を提供することで、金銭的な面だけではなく「働く意識」を身に付かせることで、ホームレスの人々の自立を支援しています。

1991年にイギリス・ロンドンで始まったこの事業は、今では世界各地に広がっています。
THE BIG ISSUE は、イギリスなどではチャリティの一環として最も有名なものの一つであり、THE BIG ISSUEの表紙を飾ることは一種のステータスにもなっています。

日本では2003年大阪から販売が始まりましたが、創刊14周年を迎える2017年までに、北は北海道から南は鹿児島まで15の都道府県の路上で販売しており、今後の展開が注目されています。

BIG ISSUE337 ビッグイシュー日本版 337号 今号のスペシャルインタビューは真木よう子
『温かい一つの家族として演じた。 憎しみごと抱きしめたくなる、きらめくような尊い家族の時間』
【特集】“風”とおる暮らし
私の分岐点 ― 西田 尚美さん
ビッグイシュー日本版 337号の詳しい情報

BIG ISSUE336 ビッグイシュー日本版 336号 今号のスペシャルインタビューはリリー・フランキー
『“正解の家族”ってないんだろうと思うんです。 煩わしさの中には、とても意味のある温かさがあるから』
【特集】米のタネは誰のもの?
私の分岐点 ― 光石 研さん
ビッグイシュー日本版 336号の詳しい情報

BIG ISSUE335 ビッグイシュー日本版 335号 今号のスペシャルインタビューはポール・マッカートニー
『リバプールで大家族に生まれたのは幸運だった。 僕の歌のいくつかは、親戚中が集まって歌った、 あの魔法のような瞬間からインスピレーションを得たもの』
【特集】樹木と対話
私の分岐点 ― 小林 聡美さん
ビッグイシュー日本版 335号の詳しい情報

BIG ISSUE334 ビッグイシュー日本版 334号 今号のスペシャルインタビューはメイヴィス・ステイプルズ
『音楽と人権運動の境界を越えて歌ってきた“青空のゴスペル” 時々私は、今が60年代ではないかと思うことがある。 まるで最初からやり直しみたい。 若いアーティストにも助けてほしい』
【特集】動く小屋
私の分岐点 ― ともさかりえさん
ビッグイシュー日本版 334号の詳しい情報

BIG ISSUE333 ビッグイシュー日本版 333号 今号のスペシャルインタビューはドリュー・バリモア
『2、3年もしたら、姿を消す準備ができるかも。 でも、死ぬほど退屈したらどうすればいいかしら。 カムバックが許されるのは何回まで?』
【特集】ひらけ!学校と社会
私の分岐点 ― 大友 良英さん
ビッグイシュー日本版 333号の詳しい情報

BIG ISSUE332 ビッグイシュー日本版 332号 今号のスペシャルインタビューはリーアム・ニーソン
『主人公がごく普通の男であることに惹かれた。 小さな空間を共にする見知らぬ人同士が助け合う、 そのストーリーがおもしろいと思ったんだよ』
【特集】こんにちは!「変形菌」
私の分岐点 ― 石川 直樹さん
ビッグイシュー日本版 332号の詳しい情報