新規無料ユーザ登録はコチラ

携帯版4enサイトへのアクセス方法

4enでは現在スタッフを募集しています

4enニュース

今、注目されているNPOの取り組みや社会問題を取り上げる4enニュースのページです。 まずは、私たちの社会がどんな問題を抱えているのかを知りませんか?

宇宙船地球号の未来

暮らしのすみずみに行き渡る石油の恩恵 暮らしのすみずみに行き渡る石油の恩恵 ■もはや生活になくてはならない必需品
私たちの生活を支えていると言っても過言でもない「石油」。その石油は現在枯渇が危惧されており、また石油の使用は酸性雨や大気汚染、地球温暖化などの原因であると言われています。
しかしながら、石油はガソリンなどの燃料としてだけでなく、実に様々な場面で私たちの生活に入り込んでおり、もはや石油なしの生活が考えにくい生活を私たちはしています。
ところで、石油はどんなところで使われているのでしょうか?
今回は、私たちの周りで使われている石油由来の製品にはどんなものがあるのかを見てみましょう。

■私たちの手元のモノも石油が運んできた
まず、まっさきに思い浮かぶのがガソリンや軽油などの燃料として使われているものです。
特に軽油は、輸送産業を支える車両、列車、船舶などの燃料として使われており、これらの輸送産業がなければ交通はもちろんのこと、流通産業も打撃を受けてしまいます。
流通が機能しなければ、私たちの手元にモノを運ぶことができないのですから、直接これらの乗り物に乗らないとして、私たちの生活に直結している石油製品であると言えます。

■シャンプーや化粧品まで?!
また、プラスチックやゴム、アスファルトなども私たちの生活に欠かせないものですが、これらも石油からできています。
そして意外なところでは、洗剤や化粧品なども石油から作られています。シャンプーや石けんには欠かせない界面活性剤、口紅や食品の着色料としても使われるタール色素、化粧水や乳液に必要なエーテルやエタノールなど、たくさんのものが石油から作られるのです。
そして、これらの製品だけでなく、他の様々な工業製品を作るために必要な電力も、日本ではその半分近くが石油から作られています。
工業製品だけでなく、農業においても、耕運機やトラクターなどを動かすのは石油燃料ですし、肥料も石油によって作られています。石油がなくて困るのは工業だけではないのです。

■石油の問題は他人事?
さて、これだけたくさん使っている石油ですが、そのほとんどを日本は輸入に頼っています。つまり何らかの理由によって、石油の輸入ができなくなってしまうと、私たちの生活はたちまちのうちに立ち行かなくなってしまう可能性が大きいのです。
石油資源の問題を環境の問題としてだけ見てしまうと、すぐには成果が出にくい環境問題に対しては、他人事のように感じてしまう人も少なくないでしょう。
しかし、これを環境問題だけのことだけではなく、私たちの暮らしそのものの問題として捉えてみれば、きっと他人事ではないはずです。
そんな視点から、もう一度、石油やエネルギーについて考えてみてはいかがでしょうか。(Y)

それゆけ!石油探検隊それゆけ!石油探検隊の情報へ
資源エネルギー庁 「エネルギーと国民生活・経済活動」資源エネルギー庁 「エネルギーと国民生活・経済活動」の情報へ