新規無料ユーザ登録はコチラ

携帯版4enサイトへのアクセス方法

4enでは現在スタッフを募集しています

4enニュース

今、注目されているNPOの取り組みや社会問題を取り上げる4enニュースのページです。 まずは、私たちの社会がどんな問題を抱えているのかを知りませんか?

街中でふと考える

富士山、世界遺産への道 富士山、世界遺産への道 ■富士山、世界文化遺産暫定リスト入り
 富士山が今年1月、世界遺産暫定リストWikipediaによる世界遺産暫定リスト情報を参照に登録されました。
 日本人にとって富士山は昔から特別な存在であったと言えるでしょう。例えば、日本紙幣に描かれたり、有名な画家のモチーフになったりと、日本人の美意識の根源になったとも言えます。今回の暫定リストに登録されるまで、様々な問題を乗り越え、ようやく第一歩を踏み出せました。とは言え、全ての問題がクリアされている訳ではありません。



■世界遺産と日本と富士山
 1992年に日本が世界遺産に批准し、それをきっかけとして富士山を世界遺産にしようとする運動が起き始めました。
 1994年には「富士山の世界遺産リストへの登録に関する請願」が国会に提出されましたが、ユネスコの関係者から「環境保全について問題がある」と指摘を受け、結果として政府推薦はなされなかったと言う経緯があります。
 また世界遺産へ本登録されるまでには、これから色々と手続きを踏み、様々な壁をクリアしていかなければならず、今回の世界遺産の暫定リスト入りは第一歩に過ぎないのです。

■富士山の問題点
 富士山は世界一ごみの多い山と言われます。登山者が捨てていったゴミや、家電や産業廃棄物Wikipediaによる産業廃棄物情報を参照不法投棄Wikipediaによる不法投棄情報を参照などが多く見られ、ユネスコの指摘もうなずけます。
 近年では登山者の環境への意識の高まりや、ボランティア、自治体の活動により少しずつ改善されつつあります。ですが、あくまで無秩序な状態から改善されて来たと言うだけで、問題はまだまだ山積しています。
 小さな心がけであったとしても、ゴミを捨てないとか、またゴミを見つければ持ち帰ったり、一人一人が環境保全に取り組む事が着実に改善へと繋がっていく事でしょう。
 また、国や自治体としても、登山者のマナーに頼るほか、効率的な保全方法も打ち出さなければならないでしょう。(S)