新規無料ユーザ登録はコチラ

携帯版4enサイトへのアクセス方法

4enでは現在スタッフを募集しています

4enニュース

今、注目されているNPOの取り組みや社会問題を取り上げる4enニュースのページです。 まずは、私たちの社会がどんな問題を抱えているのかを知りませんか?

すてきアイテム紹介します

森から生まれた消臭スプレー! 森から生まれた消臭スプレー! ■もみの木を使った消臭スプレー
 「もみの木ウォーター 消臭スプレー」の主成分は、もみの木芳香蒸留水と樹木抽出成分のみ。薬品を使用していないため、万一ペットが液を舐めても、植物に誤ってかかっても安心なのです。
 では、この消臭スプレーはどのように作られているのでしょうか。

■副産物からの恵み
 「もみの木ウォーター 消臭スプレー」は、下川町森林組合で作られています。
 
この下川町森林組合は、北海道上川郡下川町にあります。主に森林造成事業を行いながら、森林の恵みを無駄なく使う加工事業にも取り組んでいます。
 森林を手入れの一つに、間伐があります。これは大きくなった林の間引きをする作業です。間伐を行うことで地面に光が入るようになり、残った木が枝を広げてより成長する事が出来るのです。
 その間伐された木の幹は、加工され資材として利用されますが、たくさんの枝葉はそのまま森の中にたまります。それらの枝葉を運び出し、役立てようと考えました。それが「もみの木エッセンシャルオイル」です。
 「もみの木エッセンシャルオイル」は、枝から全て葉をはずし、清浄な水蒸気を葉に送り込んでゆっくり蒸留させて精油を抽出しています。
 この水蒸気蒸留法で精油を抽出する際に、副産物として得られる芳香性の水溶液(=芳香蒸留水)を使用しているのが「もみの木ウォーター 消臭スプレー」なのです。

■森林を適切に管理すること
 「FSC森林認証」という言葉をご存知でしょうか。
 FSC(Forest Stewardship Council)森林認証は、世界的な森林減少・劣化の問題と、グリーンコンシューマリズムの高まりを背景として生まれた、「適切な森林管理」(“Well-Managed”)を認証する制度です。
 「もみの木ウォーター 消臭スプレー」を生産している下川町森林組合もこの認証を受けています
 森林資源を最大限に活かした「もみの木ウォーター 消臭スプレー」、使ってみたくなったでしょうか!?(T)


下川町森林組合下川町森林組合の情報へ
森林づくりの取り組みや情報を知る事が出来ます。
FAXにて森林関連商品が購入出来ます。

森のいいこと online shop森のいいこと online shopの情報へ
「もみの木ウォーター 消臭スプレー」がオンラインで購入可能です。
下川町森林組合の商品以外にも様々な森林関連商品を取り扱っています。